本文へ移動

会議・研修会報告(県主催)

2019年度

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年度 「役員(県・支部)・リーダー研修会 ③ 」

2019-11-09
  日 時:令和元年11月9日(土)
                       13:30~16:30
  会 場:静岡商工会議所 
                        5階大会議室
  参加者:名
     (県役員10名  支部役員17名 
            リーダー 129名)
  内 容:
   ・静岡県看護連盟 滝口 明子 副会長挨拶 
   ・グループワーク
     テーマ「看護の代表議員は私達看護師の
        ために何をしているのか?」
   ・講演 
     テーマ 「看護の代表議員として
        石田まさひろが取り組んでいること」
         ~できたこと、やっていること、これからやろうとしていること~
     講 師 石田昌宏 参議院議員 氏
   ・意見交換会
   ・GWと発表
   ・講師より一言
   ・内藤会長 挨拶      
  概 要:石田昌宏参議院議員の来静が叶い、2回目以上の活発な研修会となった。直接ご本人から国会での活動をお聞きし、看護職の代表の活躍が伝わり、活発な意見交換が行われた。また、最後にリーダーとして自分にできることの「つぶやきメモ」をグループ毎に発表し、3回に分散しての研修会を修了した。  
    

2019年度 「役員(県・支部)・リーダー研修会 ②」

2019-10-15
  日 時:令和元年10月15日(火)
                       13:30~16:30
  会 場:男女共同参画センター 
                       あざれあ 2階大会議室
  参加者:137名
     (県役員7名  支部役員10名 
            リーダー 120名)
  内 容:
   ・静岡県看護連盟 内藤 晴美 会長挨拶 
   ・グループワーク
     テーマ「看護の代表議員は私達看護師の
        ために何をしているのか?」
   ・講演 
     テーマ 「看護の代表議員として
        石田まさひろが取り組んでいること」
         ~できたこと、やっていること、これからやろうとしていること~
    講 師 石田昌宏事務所 政策秘書 五反分 正彦 氏
   ・意見交換会
   ・GWと発表
   ・講師より一言      
  概 要:1回目同様、GWと五反分氏の講演内容から、石田議員の活動を知り、国会の場へ看護職の代表を送ることの意義を確認した。また、意見交換会で出された「現場の声」を五反分氏から石田議員へ届けてもらうこと、最後にリーダーとして自分にできることを「つぶやきメモ」に記し研修会を修了した。  
    

2019年度 「都道府県別会議」 を 開催しました。

2019-10-08
  日 時: 令和元年10月8日(火)13:30~     
                  15:30
  会 場: 男女共同参画センター あざれあ 
          501会議室
  出席者: 日本看護連盟 長沢恵美子常任幹事
        県役員 12名 支部役員 15名
        青年部代表 1名
  
  主 催: 日本看護連盟  
  議 題: 1.第25回参議院選挙の総括
        2.次回に向けての課題  
    

2019年度 「役員(県・支部)・リーダー研修会①」

2019-09-17
  日 時:令和元年9月17日(火)13:00~16:30
  会 場:男女共同参画センター あざれあ 第1研修室
  出席者:県役員 7名  研修生 86名
  内 容:・静岡県看護連盟 内藤 晴美 会長挨拶
      ・グループワーク「看護の代表議員は私達看護師のために何をしているのか?」
      ・講演 テーマ 「看護の代表議員として 石田まさひろ が取り組んでいる事」
       ~できたこと、やっていること、これからやろうとしていること~
         講 師 石田昌宏事務所 政策秘書
              五反分 正彦 氏
      ・意見交換会
      ・GWと発表
      ・講師より一言      
  概 要:研修会は、支部長・副支部長を進行役とした支部単位のGWで始まり、「看護の代表議員は私たち看護師のために何をしているか?」というテーマで、石田議員に聞きたいこと、お願いしたいことを話し合いました。次に、石田まさひろ参議院議員のビデオレターを鑑賞し、石田議員の人となりや思いを感じてもらいました。石田議員の政策秘書である五反分正彦氏から「看護の代表議員として石田まさひろが取り組んでいる事」というテーマで、これまでの活動を詳しく説明していただきました。その後、GWでだされた意見を基に意見交換を行い、「働き方改革」や「認知症ケア加算」などについて石田議員への持ち帰り提案も多数だされ、活発な意見交換となりました。最後に、参加した研修生が看護連盟会員として、それぞれの立場で今できることを宣言し研修会を修了しました。  
    

2019年度 「第1回 静岡県看護協会・看護連盟合同研修会」

2019-08-29
  日 時:令和元年8月29日(木)13:00~15:30
  会 場:ホテルセンチュリー静岡
  出席者:129名
  内 容:静岡県看護連盟・看護協会長挨拶
      講演 テーマ 「Nursing Nowと看護連盟」
         講 師 日本看護協会 常任理事
              荒木暁子氏
      GW 講演を聞いて感じたことを話し合う
         各自感じたこと、考えたこと等を
         つぶやきメモ用紙に記載
         担当者が各グループのつぶやき2~3発表      
  概 要:荒木氏は、2025年に向けた看護の挑戦「看護の将来ビジョン」は、WHO、ICNにおいては、
      政策提言、実現を前面に打ち出している。
      日本看護協会が取り組んだ看護政策提言においてはこれまでも、看護職国会議員の関わりで政策
      実現されている。看護連盟との連携は大変重要であると話された。
      Nursing Nowについては、「看護職が持つ可能性を最大限に発揮し、看護職が健康課題に積極的
      に取り組み、人々の健康・向上に貢献するために行動する世界的なキャンペーン」である。
      日本看護協会と日本看護連盟は、Nursing Nowの趣旨に賛同し、2020年末までの2年間「看護
      の力で健康な社会を!」をテーマにNursing Noキャンペーンに取り組みます。
      2020年はナイチンゲール生誕200年。看護が躍進する年である。
      ”看護の力で健康な社会を!”をスローガンに、各団体が様々な取り組みをすることになる等、熱弁
      された。
      GWは短時間ではあったが、参加者各自の思いと協会、連盟の連携、役割を共有でき有意義な時間
      であった。  
    

平成30年度

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「看護代表者会議・ワークショップ」報告

2018-10-10
日時:平成30年10月13日(土)13:30~16:00
会 場:静岡赤十字病院 2号館4階会議室
参加者:看護管理者および施設看護代表者
内 容:座談会  座長:たかがい恵美子参議院議員
    テーマ「現場ナースがやりがい・生きがいを感じるための管理について」
        ~現場からの提案・提言~
    登壇者および個々の講演テーマ
    *南あたみ第一病院 看護部長 齋藤清江様
     「看護師確保に向けた看護労働条件と人材育成」
    *聖隷福祉事業団 浜名湖エデンの園 副園長 吉村浩美様
     「看護師不足に向けた多様な人材確保と活用方法」
    *訪問看護ステーション 所長 青木 春美様
     「訪問看護師のキャリアアップと働きやすさの矛盾対策」
    *地方独立行政法人 静岡県立病院機構静岡こども病院 看護部長 櫻井邦子様
     「看護業務の現状とあるべき姿」
  開会にあたり内藤会長から、第4次安倍内閣改造人事において「厚生労働副大臣」に就任
 された たかがい議員に対し、お祝いと激励の言葉が送られた。
  座談会は、4人の登壇者が20分宛て個々のテーマに沿って、課題や解決策を提言された。
 座長の、たかがい議員は会場の参加者に意見や感想を求め、演者がそれに応える形で進んだ。
 議員の講評要旨は
 ①平成18年度の診療報酬改定では、入院料の評価として7:1が出された。これは自分たち
 が必要とする数ではない。看護量は自分たちで決めることが大切である。
 ②一般の人たちは、看護師がどう考え、何をしているのか知らない。オープン講座などを開催し、
 看護師の日常の業務を他者に知らせていく努力をする。そうすることで市民を応援団につけるべき
 である。
 ③行政機関とのかかわりを持つこと。地域包括ケアや周産期に関することなど、看護師としての
 意見を述べていく。そのために、行政の委員・役員などを積極的に引き受け発言していくことが
 大事である。
 ④労働環境改善では看護・介護職におけるセクハラ・パワハラ被害報告がある。そのことが離職
 の原因ともなっている。労務者の安全確保と人権擁護が必要である。
 
 

役員・リーダー研修会報告

2018-10-10
日時:平成30年9月13日(水)10:00~16:30
会場:静岡県男女共同参画センター
参加者:107名
内容:講演 G・W
テーマ① 「○○議員を応援する意味と誰でもできる選挙活動」
  」講師:自由民主党静岡県支部連合会 杉山康弘氏
テーマ② 「参議員に立候補した゛わけ”と国政での活動状況~看護を力に~」講師:石田まさひろ参議院議員
G・W① 「私たち看護連盟が応援する石田まさひろってどんな人?」
G・W② 「どうやって説明すれば良いか考えよう」
   *後援会名簿に名前を書いてもらうには、、、。
   *石田さんに一票投じてもらうには、、。
 内藤会長の挨拶で始まり、続いて杉山康弘氏の講演があった。
杉山氏は、自身の生い立ちや国会議員の秘書時代の話をされ「多くの人は誰に投票してよいか分からず選挙に行かない。投票すべき代表がいる看護職の皆さんは幸せだ」と話され参加者は納得の表情をされていた。
 石田議員は、看護職に入ったきっかけや新人時代のお話をされた。初めて石田議員の話を聞いた参加者が多く、感動と共感に包まれた研修会となった。
 G・Wは支部単位で話し合うことでより身近な問題として活発な意見交換がされ、今後の活動に一助となった。
 
 

静岡県看護連盟中部地区研修会を行いました

2018-10-03
静岡県看護連盟中部地区研修会
 
日時:平成30年8月8日(水)13:30~16:30
会場:静岡商工会議所
出席者:49名
講師:石田まさひろ参議院議員
 
テーマ「働き方をめぐる現状の課題」
静岡市内の看護職が、それぞれが抱えている現場の問題・課題について活発に意見交換しました。結果、ワークライフバランスに関すること、記録や書類作成に時間がかかっていること、マンパワーが不足している等の意見が浮き彫りになりました。これらの意見に対して石田まさひろ議員からは、今後も看護職の働き方改革を推進していくという力強いコメントをいただきました。

看護協会・看護連盟合同研修会を行いました

2018-10-03
平成30年度 第一回 看護協会・看護連盟合同研修会
日時 :2018年8月 18日(土) 13:30~15:00
場所 :ホテルセンチュリー静岡
出席者:190名
<次第>
・協会・連盟両会長あいさつ
・講演:相坂摂治静岡県会議員
・講演:野田聖子衆議院議員
<内容>
・相坂県議:「県の看護施策、要望、予算に関して」
  進む高齢化と終末期の看取りについて
  在宅医療の推進の必要性  
  看護師不足 
    働き方改革による潜在看護師の課題
  看護を考える議員連盟にて看護政策の提言要望を
      検討
  平成25年看護連設立以来看護関係予算が増加して
      いる.
・講演・野田聖子衆議院議員
  テーマ「女性活躍者会を目指す意義と看護職への
                 提言」
   日本の今後、人口減少の問題.高齢化率と働く
         世代の占める割合の減少人口推移が明らかに
         なり、予定計画も方向転換となっていく.9割
         は男性国会議員で女性の声が届きにくい. 
     看護職も集団として女性として輝くことが重
         要.医療的ケアは法律の縛りがあるが、私の
         体験上、患者を支えているのは医師でなく
         看護職である等と力強いメッセージ講演で
         した. 

合同役員会議を行いました

2018-05-15
平成30年度 第一回 合同役員会議
日時 :2018年5月 15日(火) 13:00~16:00
場所 :もくせい会館
出席者:28名
 
<次第>
・会長あいさつ
・竹内県議あいさつ
・各協議事項について
<内容>
・組織運営に関して
・年間活動計画・予算(案)
・第25回参議院議員選挙対策
 「石田まさひろを応援する会」現状報告・活動方針
・日本看護連盟通常総会について
・静岡県看護連盟通常総会について
 
 
会議の冒頭、静岡県「看護を考える議員連盟(看議連)」事務局長 竹内良訓議員よりご挨拶いただきました。
 

平成29年度

RSS(別ウィンドウで開きます) 

平成29年度「看護教育者・中間管理者(師長・副師長・主任・係長)セミナー」

2017-12-12
日時:2017年12月12日(火) 13:30~16:30
会場:男女共同参画センター あざれあ
         静岡市駿河区馬渕1-17-1 ? 054-255-8440
         講師に佐藤エキ子日本看護連盟副会長を迎え「看護に求められる政治力とは」~参加者に期待する現場における看護連盟活動~の講義を受けた後、「あの頃にあこがれた看護ができていますか?」をテーマにGWを行いました。現在おかれている自分の立場をふまえて、新人の頃を振り返り、『患者・家族の想いに応えられる看護をしていきたい』等、これからも取り組むことのテーマが改めて明確になり、講師からも静岡県の看護師がとても自立しているとの講評をいただきました。
 

国会議事堂見学

2017-12-08
日時:2017年12月 8日(金)
平成29年度国会議事堂見学を行いました。
私達の声を政策に繋げるため看護の代表議員の活動の場である国会
を訪問。今年度は議案を審議する小委員会場内にて活動の様子をお聞きしたり、県選出の議員との交流も深められ、参加者は政治力を獲得して看護職の明るい未来につなげよう!との思いを強くしました。
静岡県看護連盟
〒422-8067
静岡県静岡市駿河区南町13-3
TKビル2階
TEL.054-202-0753
FAX.054-202-1331
TOPへ戻る